読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aico recipe

沖縄OLの、作って、撮って、巡ってレシピ。

初挑戦!!フランスパン作り。薄力粉は沖縄製粉の「羽衣」で。

最近つくった「フランスパン」のレシピメモ。

(本をみて作ったよ!)

 

材料(4個)
・強力粉・・・・・・・・220g
・薄力粉・・・・・・・・30g
ドライイースト・・・・7.5g
・砂糖・・・・・・・・・大さじ1
・塩・・・・・・・・・・小さじ1
・サラダ油・・・・・・・大さじ1
・ぬるま湯・・・・・・・170cc
・打ち粉用の強力粉・・・適宜

 

▼材料の一部はこちら~

(沖縄では薄力粉といえば、沖縄製粉の「羽衣」なのです)

f:id:aico_recipe:20140902220134j:plain

 

 

フランスパンの作り方

(1)フォークでまぜる

★ポイント!
砂糖は、イーストの栄養になるので
砂糖とイーストは隣どうし。
逆に、塩と油はイーストの活動を
抑えるので反対側に置きます。
 

ボールに強力粉を入れ
片側にイーストと砂糖、
反対側に塩とサラダ油を入れる。

 

▼こんな感じ

f:id:aico_recipe:20140902220646j:plain

 

ぬるま湯をイーストめがけて、
一気にそそぐ!


▼どば~!!

(写真を撮りながらパン作りって難しい・・・)

f:id:aico_recipe:20140902220708j:plain

 

フォークを使ってぐりぐりと混ぜる。
粉っぽさがなくなったら

手でひとつにまとめる。

 

▼ぐりぐり

f:id:aico_recipe:20140902220805j:plain

 

(2)手でこねる

★ポイント!
ぷく~っと大きく
ふくらむ生地にするには
ここでしっかりとこねることが重要です。
 

生地をひとつにまとめたら
きれいに拭いた調理台にうつす。
(乾燥したまな板の上など)

 

生地の端っこをつかんで持ち上げて、
調理台に思いっきり・・・たたきつける!

 

つかんでいる部分の生地を
手前にひっぱって、半分にたたむ。

 

今度は生地の横の部分をつかんで持ち上げ
またまた思いっきり・・・たたきつける!

 

まだ生地がベタベタしていると思いますが
ベチンッ!ベチン!と、
テンポよく、勢いよく、たたきつける!

 

たたきつける→たたむ
の作業を5~7分続ける。
(ここで、ハァハァ言うくらい体力使う)

 

ベッタベタでざらついていた生地の表面が
びっくりするくらいなめらかになっていきます。

 

(3)一回目の発酵

★ポイント!
イーストが元気に活動するためには
湿気とあたたかさが必要です。
生地が約2倍の大きさになれば成功です!

 

生地を2等分する。
1切れずつ、生地の表面を軽くひっぱり、
裏へもっていくようにして表面を張り、
つまんで閉じる。

 

とじ目を下にして、ラップをふわりとかけ
10分ほど休ませる。

▼ほらっ!生地がふくらんでる!

f:id:aico_recipe:20140902220833j:plain

f:id:aico_recipe:20140902220906j:plain

(上)ビフォー(下)アフター

(ビフォーも手を置くべきでした・・・)

 

生地が1.5~2倍くらいふくらんでいれば
一回目の発酵終了。

 

(4)成型

それぞれの生地を手のひらの付け根で
全体をたたきながら、
厚さ1cmくらいのだ円にのばす。

 

生地を3つ折りにし、合わせ目を
端っこから指でしっかりとつまんで閉じる。

 

とじ目を下にして、
前後にころがしながらなじませる。
(こうすると焼いたときにとじ目が開かない)
長さ約25cmの棒状にする。

 

もう一本も同じように成型し
オーブン用のシートを敷いた鉄板に
間隔をあけてのせる。

 

(5)二回目の発酵


鉄板にラップをふわりとかけ
オーブンの発酵機能を使って
約40度で30分発酵させる。

▼発酵する前。こんな感じに細長く成型!

f:id:aico_recipe:20140902221315j:plain

 

(6)焼く

★ポイント!
霧吹きで全体をぬらすと
焼くときに一気に水分が蒸発して
表面がパリッパリになる!


オーブンを230度に温める。

 

カッターナイフやよく切れる包丁で、
斜めに5本の切り込みをいれる。

 

霧吹きで生地全体がぬれるまで
た~~~っぷりと水を吹きかける。

▼シュッシュ~!!

f:id:aico_recipe:20140902221423j:plain

f:id:aico_recipe:20140902221434j:plain

 

230度に予熱しておいたオーブンにいれ
すぐに温度を220度に下げ、全体がきつね色になるまで約20分焼く。

 

少し工夫してみた

生地のひとつに、

バターを細長く切って
切り口にのせてみました。

 

家族には、バターありの方が好評でした!
バターなしも、口当たり軽く

あっさりとしていて美味しい。

▼焼き上がり~

f:id:aico_recipe:20140902221511j:plain

 

見た目は、どっちがバターありかなしか
分からないです。笑

 

もう少し、表面パリッとさせたい。
次は、予熱の温度を上げて、再度挑戦してみる!

 

▼参考にした本はこちら。オレンジページ、大好き!!